蒼井スイトです。
どーもー。
今回紹介するのは、ぽこさんです。

ぽこさんがSPOONを知ったのは、YouTubeの広告。
そこから配信を聴く側になるか、配信をするか。そこでぽこさんは、

「自分が描いた絵を見てほしい」

という理由で、配信を始めたそうです。

「SPOONの配信を使って、その絵に対する「率直な意見」を言ってほしい。
 自分のFANになってくれた人に、いい絵を見せたい。「絵」を感じてほしい。
 SPOONというラジオアプリを利用して、絵について語る配信だ」

まるで、たくさんの人が、気軽に入れる美術館のよう。
そして、ぽこさんがその美術館の案内人。というような感覚を受けました。

実は、ぽこさんは特殊な感覚を持っていて、例えば、私たちが見る黄色があるとします。
しかし、ぽこさんは同じ黄色でも、

「これは別の色が混ざっているなあ」と思うそうです。

日常の何気ない風景が色んな色に見えて、それを描きたくなる。
本当に、突然パッと浮かぶそうです。

そして、ぽこさんは
「自分が満足していない絵を褒められるのが嫌だ」
と言っていました。

ぽこさんは幼少期から絵を描いていて、保育園の頃、色を使って描いた絵で、満足のいかないものを先生に凄く褒められて、本当にブチ切れして、描いた絵を黒いクレヨンで塗りつぶした経験もあったそうです。

もちろん、絵を中心とせずに普通に雑談をしたり、FAN配信で自分が過去に体験したことや近況を話す枠もあります。そこから、
ぽこがボケる→皆がつっこむ→何言ってんねん。
という漫才スタイルらしいです。

アクティブが少ない時は1人ずつ向き合って話す。多い時には皆で大騒ぎ。そしてぽこさんとリスナーさん、更にリスナーさん同士の交流を生み出したい。
こんな、ぽこさんの配信に対する考え方は、当たり前のように感じるかもしれませんが、意外と難しいことだと私は思います。

それから、ぽこさんは、

「大手は数字ではなく、認知度だ」

と言っていました。

ぽこさんは、認知度を広めて、絵を中心にSPOON以外の人とも交流出来るようになりたい。
それが目標だとも話していました。

ちなみに、ぽこさんは現在土木の勉強しているとのことで、いつか土木とアートを繋げてみたい。学んだことと、私生活で絵を描いていたことで、コラボをさせてみたい。
「こんなこと考える人は、ほとんどいないでしょ」
そう、ぽこさんは言っていて、確かにそんなことは聞いたことがないし、想像もつかない。
それでも、実際にそれが生まれたら、本当に面白そうだと思いませんか?

そして実は、ぽこさんは歌が上手いです!
大学の校内で、周囲がコンクリートで囲まれたような場所があるらしく、コンクリートの反響を利用して、天然エコー環境で歌う。という企画を以前やっていました。
まるで、ライブ会場にいるような感覚です。

私はその企画が大好きなので、今回のインタビュー中に、
「またやってよ」
と伝えました。
だから、いつかやってくれると信じて待っています!

それでは、最後にぽこさんから皆さんへのメッセージを頂きました。

「適当に絡んでいこうやあ、こんな俺をこれからもよしなに」

はい、では、皆さんもぽこさんの枠へ行ってらっしゃ〜い!

※そして、私事ですが、蒼井スイトは今回の記事で、Spoon Lifeのライター卒業になります。ここまで19名のLIVE配信者さんの紹介をさせて頂きました。
短い活動期間、そして至らない点もあったかもしれませんが、楽しんで努力することが出来て、更にSpoon Lifeのメンバーさん、そしてこの記事に関わって下さった方、本当にありがとうございました。今後記事を書くことはありませんが、
「蒼井スイトってやついたよね」
そう思って頂けたら嬉しいです。
それでは皆さん、以上、蒼井スイトでしたー!

Posted by:suito

コメントを残す