こんちゃりん!噂の野口です。
先週から始まりました、「今さら人に聞けない?スプナーとしてのオキテ!」ですが、初回記事は見て頂きましたか?
冒頭部分で先週の記事にも触れますのでよかったらご覧くださいね!
今さら人に聞けない?スプナーとしてのオキテ!(05/21分)
てことで、今週もやっていきましょー。


まずは先週の記事を見た方から疑問を頂いたので、運営様に問い合わせしてみました。
SPOON利用規約内の、「1.登録及びアカウントのセキュリティ」に記されている、
SPOONユーザーは、自らのパスワードまたはその他のログイン認証情報を第三者と共有することはできません。
という部分で、SPOON内で活動しているグループやコンビ等の専用アカウントはログイン認証情報を共有しているのではないか?とのご質問ですが、運営様のご回答を要約すると
「グループの為に作成したアカウントは、グループ内のメンバーであれば共有し、使用可能」とのことです!
あくまで私がお聞きした内容なので、実際にグループの為のアカウント等を持っている方、もしくはこれからグループ用のアカウントを作ろうとしている方は、一度運営様に問い合わせして確認してから活動したほうがいいかもしれませんね。

それでは続きです!本日はこちらから

「2.SPOONサービスの利用」

規約を見ると難しく思える内容が書いてますが、簡単に言うと具体的な「やっちゃいけないこと」が書いてあります。
まずは、SPOONのLIVE・CAST・TALK、使用する画像などで、 プライベートな、特権で保護された、非公開の、攻撃的な、脅迫的な、暴力的な、暴力を誘発する、差別的な、違法な、不愉快な、嫌がらせ的な、わいせつな、もしくは性的なものを連想させるデータ、テキスト、ファイル、情報、ユーザーネーム、画像、グラフィック、絵、アイコン、写真、プロフィール、音声のクリップ、音、音楽作品、著作物、リンクもしくはその他一切のコンテンツを配信していけません。
よくお知らせでアカウント停止されている方の理由はここの内容に触れてしまって、アカウント停止されています。
要は、人の作品や、わいせつな発言、他人を傷つける発言を発信してはいけないってことと私は思います。
例えスマホに向けて話しているだけですが、その発言はインターネット越えて他人のスマホへ音声が届けられ、最終的に同じ「人」に繋がります。
目の前にその「人」が居なくても、中間にインターネットが挟んでいても、配信は「対人」なのです。
それらを守れない人たちは当然アカウント停止処分を受けることになりますので、ご注意くださいね。

次は、自動車や自転車の運転中に行われているもの、~中略~または、そのおそれのある音声その他一切のライブ配信を行うことはできません。と書かれています。
運転中のスマホはSPOONだけではなく、道交法にも違反することになります。
SPOONが楽しいのはわかりますが、法律は守りましょう。自分の命だけではなく、他人の命に係わる問題です。自分の運転を過信せず、運転中のスマホ操作は辞めましょう。
もしそのようなLIVE・CASTを聞いた方はコメントなどで注意してあげてください。言ってもわからない人には通報するしかないと思います。
車の事故は年々深刻化されている問題です。自分が知っているスプナーさんがニュースにされていたら、悲しくなりますし、SPOON全体のスプナーにも迷惑をかけることになります。ご協力お願いいたします。

先ほど中略してしまいましたが、それは、喫煙もしくは喫煙疑似行為を録音したものもダメなんです。
LIVEで活動している方は配信終了まで我慢!CASTので活動している方はそういった音声を収録しない!編集できる方はカットするといった対策をお願いします。

あと、テレビ番組の音声もSPOONで使ってはいけません
テレビは様々な効果音はBGMを使ってますので、SPOONで使ったら面白いかも!と思うのはわかりますが、それらも著作権があるものですので、SPOONでは使ってはいけませんよー!

あとあまり知られてないのは、カラオケ店舗において録音したものもしくはその他の場所でカラオケ用の楽曲をかけながら録音したものもダメなんです。
カラオケ音源もカラオケを配信している会社の作品なのでダメです!

じゃあLIVEもCASTも華やかなBGMを流して話したりしちゃダメなのか?と思う方もいるかもしれませんが、それは違います!
著作権フリーのBGMを使えば大丈夫です!
J-POPの音楽はないかもしれませんが、販売されている音楽のようにハイクオリティなBGMが配信されています!
例えばですが、検索サイトで「明るい曲 フリー音源」と検索するだけでも様々なものが出てくると思いますので、それらをLIVEやCASTで使用して、素晴らしい配信を目指せます!
配信元によっては、楽曲情報やサイト情報を掲載するよう、使用する上での規約がありますので、それらをしっかり確認してから使用するようにしましょう!


いかがでしたか?
規約を読み解くと案外当たり前だったりします。
細かく確認せずSPOONを使っている方も多いと思いますので、毎週私と一緒に「うんうん」とうなずいてくれればうれしいです(笑)
来週はSPOON利用規約第二項の続きでまたお会いしましょう!

噂の野口でした!おつちゃりーん!

コメントを残す