蒼井スイトです。
どーもー。
今回紹介するのは、r_kさんです!

r_kさんは26歳の男性看護師。看護師歴6年の手術看護師さんです。
配信を始めた初期の頃は医療真面目トークをしていたようです。しかし現在は、医療トークを軸にしたままですが、雑談を交えた何でも枠になっていて、話題もコロコロと変わります。

年齢層は、r_kさんが看護師歴6年ということで、看護学生と新人看護師さんが多く、比較的若いです。ですが、会話の内容はかなりハイレベル。その代わり「何でも」が暴走しているように思います。この時点で気になる人は、是非r_kさんの枠へ!

r_kさんが枠を始めたきっかけは、元々看護界に不満があり、その気持ちを配信したかったからだということです。

新人看護師の時、頑固で先輩のミスを指摘して論破していることもあり、正直嫌われていただろうと話していました(実際、現在のr_kさんも頑固な一面があると私は思います)。
ふてくされて職場を辞めようと思ったほどだったと話していました。

そんな時に、r_kさんを助けてくれたのはベテランの先輩看護師さんだったそうです。
立ち回りを教えてもらい、役割も貰って、職場でも、
「r_kくん、ちょっと来てくれるー?」
ということが増え、結果、職場でも評価されるようになり、色々と頼られることも増え、勤務する科が移っても色々な質問をされるようになったということ。そこからどんどん仕事が楽しくなっていったそうです。
(実際、r_kさんは配信をした後に勉強をしたり、資料を作ったりしていることが多いです)

その結果、疾患の知識的なところをよく聞かれるようになり、
「それが自分の強みだと思っている」という言葉に力がありました。

配信では初めに言った通り、看護界に対する不満を話しながら、今、その看護界への道を辿っている看護学生、新人看護師さんにアドバイスや、エールを届けています。そして、この病気はどういったものか、どう対処すればいいか。実際に、今、このような状況であり、どうしたらいいか。また、最近では、立派な医療トークなのに面白いという不思議な状況が生まれていることも多いです。
何故かリスナーさんもクセがある人が多く、その会話の輪に入ってみるのも、とても面白いと思います。

そして、昔は霊感が強かったらしく、その体験を元にキャストに怪談話もあげています!
怖い話が大丈夫、大好き! という方は聴いてみて下さい!

ちなみに、r_kさんが最初に勤務していたのは総合内科でした。
その時にr_kさんは心電図に強く、現在でも自分を心電図オタクだと話しています。現に心電図検定2級所持。近いうちに1級を受験するそうです。
r_kさん、応援しています!

それでは、最後にr_kさんから皆さんへのメッセージを頂きました。

「明日から、実習や仕事をする人。応援しているよ!」

はい、では、皆さんもr_kさんの枠へ行ってらっしゃ〜い!

コメントを残す